医療レーザーのメリットとデメリット

医療レーザーってなに?エステサロンとの比較

よく聞く脱毛方法の一つに「医療脱毛」があります。エステサロンでの脱毛方法とよく比較されますが、具体的に何が違うのでしょうか?
最大の違いは「施術に使う器具」です。エステサロンでは光レーザーを使用しますが、医療脱毛では医療レーザーを使用します。黒い色素に反応するレーザーを照射して、その熱によって毛根の組織を破壊し、脱毛します。光レーザーよりも、威力が強いのが特徴です。
レーザーの威力が強いおかげで、エステサロン脱毛にはない様々なメリットがあります。まず、エステサロンと比べて施術完了までの期間が短くて済みます。また、施術完了後にまたムダ毛が生えてきてしまった…という事例が少ないのが医療脱毛のいいところです。さらに、もし肌トラブルが発生した時も、医師が診てくれるので安心です。
このように、医療脱毛には他では得られないメリットがたくさんあります。

契約前に注意して!医療レーザーのデメリット

一見、メリットばかりに思える医療レーザーによる脱毛ですが、もちろんデメリットもあります。
一つ目は、エステサロン脱毛と比較して価格が高いことです。医療レーザーの脱毛は立派な「医療行為」に当たりますが、保険が効かないので、どうしても値が張ります。二つ目は施術時の痛みです。レーザーの威力が強いため、どうしても痛いと感じることがあります。最近はあまり痛くない、低刺激のレーザーも開発されていますが、光レーザーと比べるとまだまだ痛いです。
どの医療レーザーを使用しているか、施述後の肌のケアはどのようにしているのかなど、医療機関によって差があるので事前のリサーチが重要と言えそうです。脱毛したい部位の量や、いつまでに完了したいのか、自身の希望に合わせてどのように脱毛するか選択することをオススメします。